インフェクション

42度の 熱さの中に 覚えている
微かに触れる 指先に刻まれた

思い出は

消えないよ 消えないよ

胸深く穿つその棘が
痛むんだよ 分からないでしょ

だから
映してあげるよ

あの日は陽炎 立ち上る日で

視界は霞んで
ボクは眩み 眩しさの中

ただ 見つめてた

消えないよ 消えないよ

胸穿つ あなたの棘が
痛むんだよ 分からないでしょ

だから
教えてあげるの

声が聞こえる 鼓膜の奥に
そっと そっと そっと
痺れているの 唇の先
そっと 触れてほしいの

目を伏せて 息をしてる

深く もっと深く
あの日 ふいに

抉られた傷が疼いて

消えないんだよ 消えないんだよ

胸穿つ あの思い出が
痛むんだよ 痛むんだよ
あなたに 教えてあげるよ 


消えない 消せない 消えない
消えない 消せない 消えない